すご~く、くだらないよもやま話

アシスタントちゃんの毎日のファッションチェックを中心に、 ちょいとHなお話も、たまにはあるけど、 とってもくだらない自己満の世界です。 お許しを・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
さっき山手線に乗っていたらミュールが一足
(セットになっていなく1個ネ)
つり革にぶら下がっていた!

なんなの?
何かのおまじないですかぁ?

しかし、もう一足はどこに?
もしかしたら最初はちゃんと2足あったのに、誰かが持っていった?
にしても1足だけ持っていくってのもへんだし・・・。
TVのドッキリか?

なぞです。

乗客は何事も無いかのようにしていたけど・・・。

オイラとしてはフェチなもので人目が無ければ持ってきたかった・・・。
スポンサーサイト
今回の目的にすべての山鉾の朱印?スタンプ?集めがあったんですね。
そこで考えさせられた事。
朱印を押すにあたって、勿論快くタダ(無料ってことね)って山や鉾もあるのですが、
お志しというか寄付というかお賽銭を取る山鉾もあるんです。
まあ、それ自体は山鉾の維持とか、
修繕とかに使われると思うのでいいとは思っています。

でも、人によっては朱印を押しても何事も無かったように
スタスタと次の山鉾に向かっていくお方が少なからず見られた事です。
とても残念ですね。
せめて、「ありがとう」とか「どうも」とか一声かけるとかあってもよさそうなのに・・・。

お志しを出さない事に後ろめたさがあるのか、次に急いでいるのか・・・。
なんだかなあ???
って感じ。

例えて言うなら、神社やお寺にお賽銭をしないで頼みごとをする、
ってこと同じレベルではないのかなぁ?
お志しっていっても、僕なんか貧乏なので10円しか納めないですけど。
すべての山鉾に10円でも320円じゃないですか?
(まあ、100円必要な山鉾さんもありましたが・・・)

それくらいは、出したっていいじゃん!
しかも、一人で3冊の朱印集(スタンプ押す冊子ね)をもっていたお姉さん!
いい加減にしなさい!後ろに控えている人が列をなしているんだぞ!
そんな調子ですべての山鉾を廻っていたのですか???
スタバ京都タワー店で一息入れ、
その後はとりあえず山鉾が置かれている場所を見に行くことにした。
17日の山鉾巡行は何回かは見に来ていたが、
宵山・屏風祭は初めてなので、午前中にもかかわらず、場所の確認も兼ねて行ってみる事に。

南から北に向かって一通り見てみましょ!
ってことで地下鉄に乗って烏丸御池に行く。
10時過ぎだというのにラッシュ並みの混み。
京都に来てまでラッシュかい!
ってのもしょうがない・・・。
さすがに浴衣で歩いている人もチラホラといますね。
若いカップルで。
いいですねえ、うらやましぃ!

駅を出てすぐに
荒木装束店さんを見つけた。
玄関が開けてあったので中に入って見学。

いきなり目の前に屏風が3つ。
もう手で触れるくらいの距離。
(でも触ってはいけない!見てるだけね)
色彩鮮やかな「北京」の屏風が向かって右側に。
誰もいなく暫くの間一人で見入っている。
向かって左側もちょっとしたオリエンタル調です。
題目忘れた!写真を撮ってきたので、後程アップします。

そうそう、最初写真を撮って良いのか、わからなかったので
家の方に声をかけて聞いてみたところ、OKとのこと。

ここのご主人さん、すっごく優しく、気さくな方で丁寧に作者
(またまた忘れた。最近亡くなられたとおっしゃっていた)
の作品集を見せてもらいながら、説明をしていただきました。

個人的には荒木装束店の屏風と松坂屋の鎧が良かったです。
(まあ、これは各々の好きずきがありますから、あくまでも個人的にネ)
屏風祭はこの辺で、次は宵山の事を・・・。
続きを読む
今日までアシスタントが休暇。
で、昨日と同様、お隣の課のアシスタントです。

今日は昨日と違って、ヒラヒラの黒地に白の水玉のキャミソール、
スカートは同じ生地のミニスカート。

この子、背が低い割にはオッパイがナカナカのモノをもっていて、
薄地のキャミソールには、お山が2つ綺麗に盛り上がっていますねえ。
スカートも結構短めなので、歩くとヒラヒラ、
太ももの奥がチラチラと。
もう少しでパンティが見えそ~。
う~ん、計算されています・・・。

でも、社内では冷房がきいていて寒いのか、黒のカーデガンを羽織っているので、ちょいと残念。

おそらく、今日は彼氏とデートなのでしょうか???
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。